東京三大豆大福人気3選|松島屋・瑞穂・群林堂

東京三大豆大福として数えられる「松島屋」「瑞穂」「群林堂」の三店舗についての情報や口コミ、人気メニューや購入するコツなどについてまとめました。

和菓子が好きな方や、お土産屋ギフトとして考えている方、そして勿論前々から東京三大豆大福について気になっていた方には必見の記事となっております。

東京三大豆大福とは?

皆さんは東京三大豆大福というものをご存知ですか?

和菓子マニアの間ではもはや常識といったレベルで認知されているのですが、実は東京には、豆大福で有名な人気店が三つあります。

それらのお店の人気は凄まじく、どのお店も午前中には完売。開店前からお店の前で待機している人も多く、お店に行ったは良いが、並ぶことすらできなかったという人も後を絶ちません。

そして、そんな東京三大豆大福に数えられる店舗とは「松島屋」「瑞穂」「群林堂」の三つです。

そこで今記事では、そんな東京三大豆大福それぞれの特徴や人気メニュー、購入する際のおすすめ時間などを紹介していきます。

東京三大豆大福人気3選

そんな、和菓子マニアからそうでない人達にまで幅広い人気を誇っている東京三大豆大福ですが、その全てを知っていて、尚且つ全ての豆大福を食べたという人はマニアを除いてそう多くはありません。

ただでさえすぐに売り切れてしまう豆大福を入手することが困難であるということもその要因の一つです。

しかし、東京三大豆大福の中でもどれが一番美味しいのか、好みなのかを食べ比べてみたいという方も多くいると思いますので、今回は豆大福を入手するコツなども合わせて紹介していこうと思います。

松島屋

一つ目の店舗は「松島屋」です。浅草線の『泉岳寺駅』が最寄り駅となっています。

ほどよい弾力のお餅、ごろごろとした噛みごたえのあるやや塩気の効いた豆と、甘さ控えめの粒あんの豆大福です。東京三大豆大福の中では、一番時間を置くと味が劣化してしまう印象があったので、できるだけ早く食べた方が良いかもしれません。

甘さが控えめで豆の旨味を楽しむことが出来る豆大福で、価格は190円となっています。

また、こちらの松島屋は、東京三大豆大福の中で唯一取り置きをしてくれる店舗であることが特徴です。

その方法としても、前日のうちにお店に直接電話をして取り置きをしたいという旨と商品、その個数を伝えるだけで良く、伝えた日のお店が閉店する14時半までにお店に行けば大丈夫です!

豆大福が好きな方はこちらの松島屋がおすすめです。

瑞穂

二つ目の店舗は「瑞穂」です。原宿の表参道に位置しており、山手線の『原宿駅』が最寄り駅となっています。

瑞々しくて柔らかいお餅、小さめで塩気の効いた豆、滑らかなこし餡の豆大福です。

餅の柔らかさとトロトロとしたこし餡、上品な豆を楽しむことが出来る豆大福は時間が経っても出来たてと同じクオリティで、価格は230円となっています。

平日の昼間でも10人ほどの列ができていて、品数自体も他店舗より少ないため、開店直後にお店に行くことをおすすめします。(特に最中に関してはかなり人気があるため要注意)

また、豆大福は5個から箱に詰めて貰うことができます。

お餅が好きな方にはこちらの瑞穂がおすすめです。

群林堂

三つ目の店舗は「群林堂」です。東京メトロ有楽町線『護国寺駅』が最寄り駅となっています。

コシがあって食べ応えのあるお餅、やや塩気の効いたプリっとした豆が沢山入っている粒あんの豆大福です。

エンドウ豆のプリっとした独特な食感を楽しむことができ、豪快な力強さを感じる豆大福で、価格は200円となっています。

こちらも平日の昼間から10人ほどの列ができているため、開店直後にお店に行くことをおすすめします。

豆大福や栗きんとんなどを取り扱っているが、箱への梱包はなしで包み紙での梱包となるため丁寧に扱いましょう。

豆が好きな方にはこちらの群林堂がおすすめです。


スポンサーリンク

食べログプレミアムサービス

タイトルとURLをコピーしました